常陸の国から療育日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 自閉症児と羞恥心

<<   作成日時 : 2013/12/17 21:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は児童デイふうさんにお願いしました。
送迎は施設長自らで、(社長のことが多いのですが)気になることを毎回簡単にお話を頂いています

時々、学校でも(以前はなごみでも)あったそうなのですが、前(ちん●ん)を人前で出すことで報告です。
お家でどうされていますか、ということでお話し合いをしました。実際は無視していたな

施設長さんとは契約前からこの児童デイで大切にしたいことの一つとして「羞恥心をつける」ということを、伺っていました。結局羞恥心は大事な社会マナーの一部であり、そのことは真面目な性行為や結婚に対する大切な知識の元になるとの見解です。

まだ小学3年、しかしもう3年なのです
そして男の子にとって「ちん●ん」は「玩具」なんですよ、とのこと(ワタシには分からん)。
だから無視(放置)しても止めない、では触ることについてどうしたら良いものか・・・です。

分からなくても「恥ずかしいから出しません!」と気長に、注意して行くということで話がまとまりました。いつもそう言われて叱られていると「恥ずかしい」ことが何か、いつか分かるかも知れない。それが5年以上たっても・・・ということ。それならばいまから、ただ「コラっ」と叱るだけではなく、「恥ずかしいから、人前で出しません」と叱っていこうと思います。トイレや人前で無いならそれはそれでヨシとしよう、ということになりました。

なるほどネットで調べるといろいろな指導方法があります。
絵としてはどれがNGか分かるようにするもの。
色々な場所で服を脱いでいる子どもを探してOKかNGかを言わせるトレーニング。
(ABA博士と自閉症と向き合う家族)から
http://autismfamily.blog138.fc2.com/blog-entry-85.html

さらに発達障害の性教育としてのサイト
ホワイトハンズさん
http://www.privatecare.jp/id.html
ここの第3章に:発達障害・知的障害児の性教育に関するケーススタディ
人前で・・・・・というケースなど紹介されています。実際にいっちゃんにどこまで役立つかは不明ですが、寝た子を起こさずに、ゆっくりゆっくり・・・私のお勉強は「今でしょう」で進めることにします。

今日も正直にご報告頂きました。ふうさん、有難うございました。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自閉症児と羞恥心 常陸の国から療育日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる