常陸の国から療育日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 先日の本の元ネタ?(エッセイ)はここから〜秋月ななみさんのエッセイ

<<   作成日時 : 2014/09/29 22:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

先日紹介いたしました本「自閉っ子のための道徳入門」はココから知りました。
本当は本の紹介と一緒に記載すべきでしたが、エッセイも面白いので別途紹介しようと思いました。

最新号にリンクを貼ります。
http://wan.or.jp/reading/?cat=55

Women's action network(WAN)というサイトで記載されているエッセイで、秋月ななみさんと言う方が執筆されています。シリーズものらしく、全目次は以下↓

1まずは発達障害について 
2障がいが個性になる社会 
3ソーシャル・スキル・トレーニング

4発達障害者の理想の仕事はどこにあるの? 
5社会のルールはどこまで守るの? 
6平凡な人生 
7発達障害の診断名って不思議 
8発達障害児は可愛くない? 

9周囲の批判に鈍感になること
10母親ばかりが責められる
11先生への相談 
12発達障害とモラハラ、DV
13「いいこと」と「悪いこと」の区別

14発達障害を受け入れることは、「何もかもを受け入れる」こと?
15発達障害の子どもを「被害者」にしない
16精神医療につながれる子どもたち
17こころのふしぎ なぜ? どうして?
18大阪市「特別教室」への隔離の思想と発達障害 

20発達障害と学校の困難
21佐世保市同級生殺人事件に想う
22発達障害の子どもに勉強はいらない!?

ご本人さまは大学で教鞭をとって居られる方らしいく、発達障害の人にふさわしい仕事は「研究者」らしい(第4話)・・・・。(ワタシはSE・アニメ系だと思うんだが・・・シツレイいたしました) 

そして離婚した元のご主人はアスペルガーらしく、(第12話)そりゃ、すごい様子。(なんで結婚前に分からなかったのだろう?離婚歴もあったらしいのに・・・)

それ故、御自身のお子様の発達障害を「かもしれない」とおっしゃっているような気がします。
(私も自閉症という言葉嫌いなので「クリスタル」や「星の子」と言ってしまう、要するに、まだ完全に受容出来ていないんです)

「自閉っ子」の本は第13話から第15話で書かれています。
「母親やめてもいいですか」についても第8話と第9話で紹介されています。

この方のエッセイ、「そうだそうだ!」と思えることは最新号(22号)では
(引用)娘もつらかろうと憶測して、つらくなる。それと同時に、自分の心のなかを覗き込めばおそらく、「自分の娘がこんな簡単なこともできない」という事実を受け入れがたいのかもしれない。「もう少し頑張ればできるはず(なのになんでできないんだろう)」とつい考える気持ちを抑えることができないのかもしれない。それは本当に自分勝手なエゴなのだけれど。
(引用終わり)#ウチは娘を息子に替えます。何度もムスコの出来の悪さに泣いたことか!

そして「(障害のある子を育てることの)報われない想い」について綴っているときはその通り・・・と痛感したのでした。親として成長できていないのですが、代弁している文章で少しすっきりしているこの頃です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
先日の本の元ネタ?(エッセイ)はここから〜秋月ななみさんのエッセイ 常陸の国から療育日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる