常陸の国から療育日記

アクセスカウンタ

zoom RSS アートびっくり箱 障がいのある子どもの絵画指導〜本の紹介

<<   作成日時 : 2014/11/27 15:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


何年も前に買った本です。いっちゃんがなにか書けると良いな、と思って。
でもその頃はこの本を見ても「どうせムリムリ」と潜在意識から排除。
先日絵本の本棚に死蔵していたのを発掘した。

アートびっくり箱 障がいのある子どもの絵画指導 学研教育出版 
http://hon.gakken.jp/book/1340354300

サイトからの概要(引用開始)
自閉症など、知的な障害のある子どもに対する絵画指導の入門書。こだわり、繰り返しといった障害特性に配慮しつつ、どうしたらその子どもの個性を引き出すことができるのか、実践的な指導方法や指導のポイントなどを紹介する。(引用終わり)

なにも絵筆を持つのが絵じゃないよ、ということ。
紙だけが描く場所でもない。

書くものはポンポンだったり、ビー玉だったり。
そして描く場所は箱(の中)だったり。
本のこのページでは玉や、ペグ、粘土、石鹸等使っています。
画像
画像


児童デイでも、しばしば同じようなものを使ってくれています。
1年前、ふうさんも、さくらんぼさんも、ビー玉に色を付けてうちわ作りの活動をしてくれました。
先日お友達のブロックに興味津々だったいっちゃん。

絵も工作もいっちゃんには無理・駄目と決め付けずに、ゆっくり楽しめるといいな・・と思っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アートびっくり箱 障がいのある子どもの絵画指導〜本の紹介 常陸の国から療育日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる