常陸の国から療育日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 地域で覚えてもらうこと

<<   作成日時 : 2014/11/12 20:39   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

インクルーシブや地域に戻る・・というのはよくわかります。しかし普通学校は(居住地の教育委員から)ハナから相手にされず、子供会参加も打診も無く放置されたウチ(のような家で)は「綺麗事ばかり言いやがって!」といつもハラの中で怒りを貯め込んでいます。

なにも他の優秀なコの教育の機会を奪ってまで自分の子に時間を割けと言っているわけではありません。
パパも「もし自分の子が超優秀で、普通学校にいっちゃんみたいな子がいて、みんなで重点的に(できない子に)構うように指導していたら、それちがうやろ、と思う」と申しており、私も全く同じです。

地域で一緒にいること、お勉強で一緒に頑張ること、余暇を一緒に過ごすこと…色々な接し方があるのだろうけど、どうもその辺の希望が子の状態や親の価値観によって大きく異なると思うのです

そういうわけでウチは保育園以降地域の交流は同世代は無いとも言えます
パパは気にして、歩ける範囲のお店や公園には、いっちゃんを連れて行ってくれます。そういうこともあって今日近所のコンビニでお買い物をしたら、私一人だけでしたけど「ボクに持って帰ってね」とケーキをもらいました。チーフのSさんが顔を覚えてくれていました。

画像


今年は12月24日は仕事もあるのでこのお店でオードブルとケーキを買おうと思います。
他のお店でもいっちゃんが来た時をおもってお菓子置いてくれているとこがあります。厚かましいけど嬉しいです。このお店にもそっと菓子折を持って行こうと思っています。

気にかけてくれているお店は贔屓しよう、そして人には感謝を。
なかなか少ないのだけどね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
地域で覚えてもらうこと 常陸の国から療育日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる