常陸の国から療育日記

アクセスカウンタ

zoom RSS つくば散策〜筑峯学園さん&つくば特支さん

<<   作成日時 : 2014/12/30 22:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

訳あって先週末につくばへ行くことになりました。
筑峯学園さんを見学しました。
画像

http://www.tsukuhou.or.jp/

歴史ある施設です。
去年度に自主学習した「知的障害を理解するための基礎講座」テキスト(1巻)第一章 知的障害者福祉の理念と歴史の項ででも、戦前(から)の施設として前身が載っています。
引用開始↓
我が国の最初の知的障害児施設は、明治24年石井亮一が濃尾大地震による震災児救済のため設立した「孤女学院」を、明治33年ごろより「滝乃川学園」と改組した「白痴教育施設」である。(途中略)戦前の施設数は13か所程度であったが、昭和9年の日本精神薄弱児愛護協会の発足時の会員は次の8施設であり、初代会長は石井亮一である。
1、滝乃川学園(東京都)
2、白川学園(京都市)
3、桃花塾(大阪府)
4、藤倉学園(東京府伊豆大島(川田貞治郎:この方おそらく明治44年に水戸に「日本育心園」つくられたのでは?)
5、筑波学園(後の筑峯学園、岡野豊四郎)
6、八幡学園(千葉県)
7、小金井治療教育院(東京府)
8、浅草寺カルナ学園(東京府)
引用終わり↑

5番目の施設。
#パパは最初の石井亮一氏をサイトで調べ深く感動していました(奥様、渡航歴がある才媛だそうです)。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E4%BA%95%E4%BA%AE%E4%B8%80
(上記:石井亮一氏のWikiにリンク)立派な方です。

さて、筑峯に戻します。
・結構な重度の利用者さん(強度行動障害含む)もいらっしゃる様子。
・(パニックになっていない位なら)言葉かけも「「ダメ」ではなく「どうしたの?」」が良いそうです。
自分はあなたの味方だよ・・という心遣いの仕方教わりました。

・裏山はみんなで開拓したそうです(サイト内でも載っています)。ヤギがまた〜りと散歩。
画像

・児童棟は数年後に建て替え予定(今の状態は略します)。
・現在新たなグループホーム(実態はケアホームらしいです)を建設終了。1月利用者さんが入居するそうです。
(南向きの暖かい斜面、私が老後入りたい?!)

そして帰りつくば特支を見てきました(外からのみ)
画像

ツクホウさんと新旧のギャップがすごいかも・・・。
その日、とても勉強させていただきました。見方を変える機会にしたいと思っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
つくば散策〜筑峯学園さん&つくば特支さん 常陸の国から療育日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる