常陸の国から療育日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 福祉のコト・・・認知症と知的障害は似ているような・・・・新聞の記事を見て感じたこと

<<   作成日時 : 2015/08/20 21:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今朝の新聞で
「認知症の徘徊、暴言・暴力…ケアの方法は? ある有料ホームの取り組み」の記事を読みました。
サイトでも載っています。
http://www.sankei.com/life/news/150820/lif1508200012-n1.html

画像


千葉県の「ここあんすの家」の紹介です。
http://cocoansu.com/
住宅型有料老人ホームですが、他の施設から退去を求められてこの施設に移った方もいるようです。

医療機関とも提携しているのはもちろんですが
・徘徊や暴力には理由があるとみて、暴れても症状だけでは薬、となってしまうので、入居者がいつどんな感じになるのか、細部を伝える(医療を万能とはしない)
・役割作りに積極的
・問題は生活上の支障、ケアに工夫を凝らす、としています。入居時に趣味や生活習慣を聞いて、過ごし方をそれに近づける。

など紹介されています。
工夫の仕方、これはいっちゃんのような自閉症&知的障害児にも通用すると感じます。
学園さんの理事長先生は「老人介護と知的障害はかなり異なる」とおっしゃっていましたが、人として尊重しながら支援するという心は全く同じ。

さて、この「ここあんすの家」のホームページを見ますとブログがありました。
最近のお話では、余り動けなかった利用者さんが、周りで施設のお祭りの行事準備が盛んになってくると、ポンポンを持って踊りだした、と紹介されていました。この日常が支援員さんにとってもとても嬉しかったようです。

一般に、不自由なく過ごしていると、動けるのが当たり前、出来るのが当たり前・・・の日常。
少しの驚き、出来た、を心から大切にして行くのが福祉のお仕事なんだな・・・と改めて感じました。

同窓生にもK特支でもTs特支でも福祉のお仕事に関わっているお母様方がいらっしゃいます。
支援される方々(障害児者・認知症患者さん等)を心の底から尊重できる人になりたいと、彼女たちを見ていて感じています。

まだまだ私は未熟者だな・・・と反省です。記事を見ながら思いました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
福祉のコト・・・認知症と知的障害は似ているような・・・・新聞の記事を見て感じたこと 常陸の国から療育日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる