常陸の国から療育日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ホメオパシーと予防接種のこと

<<   作成日時 : 2015/09/27 21:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

いっちゃんは折れ線型の自閉症です。1歳くらいまでは2言語も話せましたし、行動も穏やかで良い子でした。
1歳半検診で気が付いたら・・・、という状態になっていました。

ちょうどそのころは(特にお仕事を持っているお母様方は)予防接種が解禁?されるお年頃。
1歳過ぎると早期に水痘、風疹、麻疹、ムンプスetc・・・順に接種。

そして件の発達障害とホメオパシーの本。
今は科学的には否定されたのですが「予防接種中の水銀(メチサロール)が自閉症を引き起こす」という見解?!。
世界的に予防接種の頻度が増えたので自閉症も増えたと言います。
そして臨床医学系でも最も権威の高い区分の雑誌(Lancet誌)にも自閉症と予防接種の関連の報告がされました。結局その論文は因果関係がはっきりしていない、そして自閉症の親が賠償目的で発表させた(一部の見解)等のことにより、取り下げられました。経緯はWikiにも載っていました。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89
実際に利益相反の問題などがあったとしても本当に「完全な無関係」かは、神のみぞ知る領域だとも感じます。
魚が釣れない釣り堀にホントに魚がいないのか・・・・証明するのは恐ろしく難しい。

ホメオに関わってから、いっちゃん、そして私、とにかく予防接種は考えました。可能な限り避けました。
仕事をしているので、インフルエンザの予防接種を受けた翌日に親子3人で罹患した時は本当に腹が立った。
そうなると「百害あって一利なし」状況。
K特支に居る間もインフル予防接種は殆ど打たなかったですが、罹ったり、大丈夫だったり・・・でした。

入れた薬はカラダに蓄積する、しかも受け継がれる・・・ホメオパシー、マヤズムの概念です。
私は過去に数回手術を受けたことがあるので「麻酔」がいっちゃんに移行して、そして、それが彼の自閉症につながっている、とも思い、悩みました。薬理学の概念では薬は生物学的には時間が経つと除去されるのですが、不思議なもので、カウンセラーのIさんは私が忘れていた服薬歴もズバリ当てました。未だに謎です。身体に残っているものは分かるのよ、ということだそうでした。

できれば知らない顔をしたいインフル予防接種ですが、今年は学園さんから「できれば全員受けて欲しい」とのご連絡を昨日頂きました。今回は共同生活のこともあるのでお願いしようと思っています。共同生活なので罹りやすくもなるはずですし、いっちゃんが(予防接種受けないことで)感染源になると申し訳ないし、看病も出来ないので心が苦しい。

接種して実際に抗体ができるかも不明ですが、もしかしたら役に立っているかもしれないワクチン。
ホメオパシーと関わったがために、予防接種をいっちゃんが受けることは、まだすっきりしない気分です。
病気毎によく考えてワクチンと関わることにします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ホメオパシーと予防接種のこと 常陸の国から療育日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる