常陸の国から療育日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 御蔭さまで・・書き始めて4年〜有難うございます

<<   作成日時 : 2015/11/15 20:58   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

拙ブログ、書き始めて4年になりました。お越しくださっている心やさしい方々に心から御礼申し上げます。

無事にいっちゃんも落ち着いて過ごせています。
秋の運動会の写真です。
画像


K特支にいたころ。先生方から(ブログを)書いている理由を聞かれたことがあります。
理由と言いいますか、きっかけは3つあるのです。

いっちゃんが特支に行くようになって、沢山の立派な先輩お母様方とお会いして、格段に療育等の情報が増えました。(いっちゃん、幼児期は保育園に行っていました)この情報が幼児期の自閉症のお子様を持つ「悩めるお母様」、ずばり「昔の自分」が持っていたらホントに助かったのに・・・と思うことが多かったのです。
実際に出入りしていた保護者会で(自閉症幼児さんの)お母様が「何度も母子心中しようとおもったことか・・・」とおっしゃっていたこと。少しでも情報が届けばと思ったことがきっかけです。

すでに、同じ分子生物学系の研究者であり、自閉症児(軽度です)を持つ母親の方が、療育情報を発信されていました(中部地方ですが)。つみきの会を通して彼女を知っていたのですが、応援メッセージを送りたいだけの理由で、ウェブリブログのアカウントを入手しました。(ウェブリ会員相互のみのコメント可のためは嫌がらせメッセージは受けにくシステムです)。今も憧れて、尊敬している自閉症児を持つ先輩お母様がいます。

書き始めた当時、同僚のお姉さんがブログを書くことが趣味でした。
彼女は不妊治療で、高齢でお子様を授かりました。彼女は書くことは人助けになるのよ、と強くおっしゃっていました。(彼女のブログ…セキララでした)そうなればいいな、と思いつつボチボチ始めたという経緯があります。

そして・・・・いっちゃんが入所した時は、さすがに別ブログにしようか、止めてしまおうかとも思ったのですが、続けてくださいと、複数の心やさしい方から応援を頂きました。それなら、「療育を主目的として入所させた親」としてのことを書き続けようと思いなおしました。

拙ブログでは児童デイ情報や、療育詳細は薄くなってしまいましたが、福祉や社会情勢、将来のことは私の中で「強い関心ごと」となってきました。そして正直に言いますと、在宅時よりもいっちゃんのことを思う気持ちは強くなっています。

実際はどうなの?と思われる方は「リアルにお知り合い」の場合は(名前検索で)FBからコメント欄でお伺いくださいませ(お友達申請をする必要はありません)。

親子で命を絶つくらいなら、色々なやり方があるんだと思っています。
私はいっちゃんが幼児期の時本当に辛かった。何度か多摩川線の踏切をくぐりたくなったこともありました。

でも頑張ってきて良かった、そして優しい笑顔を見せてくれるいっちゃんになりました。
待ち受け画面です。
画像


関わってくださっているすべての人、そしていっちゃんに、ありがとう。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
御蔭さまで・・書き始めて4年〜有難うございます 常陸の国から療育日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる