常陸の国から療育日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 合宿での活動〜親も楽しい3日間

<<   作成日時 : 2016/02/06 15:53   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

「若い男の子をコトバ巧みに乗りものに誘い・・・
ではなく、学園さん合宿の活動といいますか、親は何していたか、です。ちょこっとご報告

上記は真面目に書くと、(ソリの活動です)
利用者さん(男児です)を気が向いた様子の時に、「ソリに一緒に乗ろうよ」、とお声かけ+お誘いして、(実際に自立して滑れないので)、支援員先生と共に、後ろに乗って滑る、のです。

低学年?のお子様の方が誘いやすく、何度も嬉しそうにチャレンジして欲しそうでした。
むしろ、学年の上がったお友達の方が、怖いものを知ってしまいすぎて、怖気付いている様子。

概ね、利用者さん+支援先生(もしくは親)→1対1でしたが、慣れた支援員先生は利用者さん×2+支援員先生1名で滑って居りました。2日目には連結ソリまで登場。
画像


活動:スキーorソリは1日目(到着後)午後、2日目午前、3日目(出発前)午前と十分堪能です。
途中おやつ(暖かい飲み物とお菓子)が出ると、その後は「ぐでっ」とするお友達も。
しかし誰もが真っ白な雪&銀世界を楽しんでいました。時間が長く取れていましたので、親、存分楽しみました。
実は一番小さいソリに一人(こそっと)乗ったのですが、バランス悪く、あまり面白くない(要するにスピードが出ない)。ソリも支援して滑るのではなく、きっと助け合って滑れるんだね。助けている、手伝っているんでは無く、救われているんですネ、何事も、利用者さんから。

2日目の午後は雪の中でサッカー&雪だるま作り。
雪だるまはあんぱんまんorどらえもんorスヌーピーを作成。
写真撮れなかったなぁ・・・でもスヌーピーがとても上手だった。

いっちゃんは一体どうやって日々の余暇を過ごしているんだろう?と気になっていたものの、出来るお友達に誘われてそれなりに過ごせていました。見た限り、彼はいつもニコニコしていました。

時間の経つのも早く、あっという間の3日間
親子とも、これで風邪をひいても「まっいいや」、という心境。ひかないで済むに越したことはないのですが。

寒さ厳しい時節、拙ブログにお越しくださっているみなさま、ご自愛くださいませ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
合宿での活動〜親も楽しい3日間 常陸の国から療育日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる