常陸の国から療育日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 同じように育てても・・・というキモチ、わかりました

<<   作成日時 : 2016/06/09 22:13   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

全く日常の話です。
今試験期間。試験採点と集計に、この1週間拘束されています。

昨日は試験監督と採点業務で深夜まで頑張ったのですが、すごく思ったこと。

初めて同じ講義を複数のクラスで担当しました。しかし
同じように教えても平均点が全然違う

最初に採点を始めたのが、ちょっと低い?クラス。
あまりにションボリショボン・・としているワタシに先輩先生がおっしゃるには、「最初の時はそうよ」。
しかし帰ってから、もう一クラスを採点すると、出来がいいのです

同じように教えたのに・・・複数の子供を持つ親の思うこと「同じように育てたのに」。
実際、親は口に出さない、でもそう思っているそうです。

いっちゃんしかいない自分ですが、複数の子を持つ親、(私の母など)いつも思ったでしょうね。
姉はいい子だったのに・・って、母を悩ませてきたこと、母の身が、シゴトで実感できるなんて。

だから・・・療育しても、同じ、あるいはそれ以上に手間暇かけても出る結果は同じか何もしない人、以下か。
そういうことも多々あります。元々のスタート地点が違うのです。
人を嗤ってはいけません。私はしませんが、されてきました。
心の底で未だに許せない人が何人かいます。

それなら、「努力を嗤う人」にはならないようにしよう。そう思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
同じように育てても・・・というキモチ、わかりました 常陸の国から療育日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる