常陸の国から療育日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 親のせい?それとも高機能?少年Aに関する記述から

<<   作成日時 : 2016/07/19 10:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ちょっと前のころ、コロロさんの発達プログラムが届きました。
創始者の石井聖先生の記事。少年Aのことです。(あの神戸の連続殺人のサカキバラと名乗った少年のこと)

アップしようとの矢先でしたが、竜ケ崎でも猟奇的殺人があったので、(その加害者が自閉症かは知らないのですが)、自閉症児親としてかなりショックを受けています。被害者の女性のご冥福をお祈りしています。

さて、コロロの機関紙から。
「元少年Aは更生したか?〜高機能自閉症者の難題〜」

画像
画像


石井先生は元少年Aは高機能の自閉症であったとあらゆる観点から判断しています。
「生きている実感を体得するために必要な残虐行為をした」と。
模倣犯が出ないことを祈りたいとも、石井先生と同様、私も思っています。
なんとなく人をあやめたかった、という事件、最近見ますが、成育歴などを詳細にみて親、学校、地域でのできることを提示してもらいたいと思っています。子供の特殊性だけに原因を求めても、高機能自閉症児はゴマン(?!)といます。むしろ偏見が怖いとも思うのです。

一方、こういう本もありました。これは親の責任に一貫しています。
画像


親の子供への過干渉が子供を窒息させる、そうな。
でも今の兄弟が少ない時代、親は子に入れ込むのはよくわかるし、耳が痛い。

17の法則アップしますと
1.信念を持つときの7つの留意点
2.生後3カ月で決まる4つの人生
3.子供を統合失調症にしないために
4.「むかつく」が「きれる」にかわるメカニズム
5.子どもはどのように人生のシナリオを決めていくのか
6.子供をのっとる「母子カプセル」
7.心理的ネグレクトに気づけ
8.猫殺しの心理
9.万引きの裏に潜む心理
10.家庭でなされている堂々巡りのゲームに気づけ
11.子供が親のやっていることを見て育つメカニズム
12.心の栄養が不足すると体も成長しない
13.その時期に経験すべき発達課題がある
14.子供の愛し方が分からない
15.家族自我像でわかる家族の癖(パターン)
16.「生きる力」の育み方
17.子供を地域社会の中におこう

読むほどに子供を持つことはリスクか・・と思ってしまう本。
実際に子供を持たない理由に「育てられない、自信がない」という人もいますし、猟奇的事件を起こした子の親がものすごく悪い人では無い(むしろしっかりしている場合もあるようです)、となると、悪いことできない「いっちゃん」、下手に高機能だったら何かコトを起こしていたかもしれません。この著者の書いている「悪い親像」には結構当てはまる私。
決して少ない親像ではないと思うのですが、どうでしょう。

子供の自主性を伸ばせ、見守るが、干渉するな、ということ。言うは易し、実行は難しい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
親のせい?それとも高機能?少年Aに関する記述から 常陸の国から療育日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる