常陸の国から療育日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 癇癪の切り替え〜音舎にて

<<   作成日時 : 2013/10/22 21:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日、放課後はお迎えして音舎でした。
車の中で音楽の所行きたい、お菓子食べたい、ジュース飲みたいと連呼
最初は「良い子で頑張った後ね〜」などとあやしていたのですが、何を言っても同じことを壊れたエンドレステープの如く繰り返します
次第に腹が立ってきて「やっかましい〜〜(大阪弁で「うるせえ」という意味です)」と怒鳴ると、今度は車のガラスや装備に悪さ。

激悪の状態で音舎へ。着くなり「きーーー」と癇癪を起して、先生の所の庭木の枝を折りました。
丁度先生がご用事でお外に出ておられたので、イツを託して、ワタシ車の中でクールダウンです。

レッスンにならなくてもしゃあない(仕方がない)と思いつつ、じっとしていたら、いつもの音楽のピアノが聞こえてきましたし、太鼓も音楽に合わせて叩けています。(外からそっと聴いていました)

そしていっちゃん「お菓子が食べたい」等言っていても、先生は取り合わず、ヒーリング音楽やマッサージで上手に環境と気分を変えてくださいました。終り近くにレッスンのお部屋に行くと、いつもの状態に戻っていました

先生がおっしゃるには手や指をマッサージしたそうです。これも効果のある子には、良いそうです。
勉強会で教わったとのことらしく、しかも音舎の先生はグループホームなどでのお仕事歴もお持ちだそうですので、ちょっとした子の癇癪はちゃんとケアできるようです。

子供に対して叱り過ぎてしまうのは仕方ないのよね・・などと気持ち汲んでいただきました。
私はいっちゃんが他人に迷惑をかけることだけは許し難く、いつでも何処でもかなり厳しく叱り過ぎます。
少しおおらかにしたらいいのか、それともしっかりけじめとして泣くまででも叱り飛ばすかは親次第とは思うのですが、他人の家でモノを壊しているのに注意もしない(できない)親を知っている分、そうはなりたくないと思う自分がいます。

そもそも状態の悪いケースを減らすのが一番いいとは思います。日によって関わり方のツボも変わってきますので、難しいです。

でも、状況が悪い時は音舎の先生に相談するという有力な手段も新たにできました。
怪我から得た幸運かもしれません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
癇癪の切り替え〜音舎にて 常陸の国から療育日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる