常陸の国から療育日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 試しているのか、試されているのか・・・分からなくなる時

<<   作成日時 : 2015/11/14 21:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今までいっちゃんやその周りの人(特に教育や療育に関わってくださった方々)に対して、私を含め、親は常に良い悪いを短期的に判断したり、値踏みしすぎていないのだろうか?

そう思うことが、いっちゃんが入所してから思うことが増えました。

そして、それは・・・・都内での「お仕事」を始めてから感じます。
分子生物学関係の或る科目を教えていますが、シラバスを作る、講義資料を作る、試験を作る等、ちょっと今までに、していなかったこと(講義を担当しても、分担制でした)を、自分の力以上に、しているな、と思っています。

先日中間試験をしたので、今日は午前中、家にこもって採点。
「明らかに勉強した人とそうでない人の差が出る、欠点(一定以下の点)がいない、満点もいない」が良い試験のようで・・・・・(試験を作った経験がある先輩談)。

前回はそれに成功したのですが、今回、満点も落第も1人ずつ、勉強の差は明らかに出ましたケド・・・・・まぁ許して頂戴、と今、学校にメール連絡したところ。学生の試験イコール学生を試しているのですが、結局、学校にとっては(教員の)教える側のスキルやセンスを試しているんですね。きっと。もし自分で思うところの「パーフェクト試験結果」だったら、ミニストップに新作のソフト食べに行こうと思っていたのに、残念

試験の採点後から、フツフツと、いっちゃんに関わってくださった方々との関係を思い出しました。
今は全面的に学園さんに依存して、気持ちはすっきりしています。

したことは返ってくる・・・と倍返しの法則とはよく言ったもの。
日常について反省し、深く判定・値踏みしすぎないようにしようと思ったのでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
試しているのか、試されているのか・・・分からなくなる時 常陸の国から療育日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる