常陸の国から療育日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「いいつけ」することは成長の証し

<<   作成日時 : 2015/12/17 22:15   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

一昨日、(学校に行く前に)学園さんにいっちゃんのフェスタの衣装を取りに行きました。
出迎えてくださった施設長先生からのお話。

「いっちゃんが、ここ(ほっぺ)、やられた(ひっかかれた)って言いに来てくれたのよ」
?・・・と思うと、いっちゃんが友達にちょっかいをかけて、ほほをひっかかれたらしい。それを先生のお部屋に行って「(ほほを指して)ここ、あれに、やられた」って言いつけたそうな。

そこで支援員さんとお部屋に、一緒に戻ったら、ひっかいたお友達を指さして、「あれが、ここ、やった」と、再度いったらしい。(支援員さんは「あれ」、を友達名に直させたそうです)

手を出す、出される、という行為自体はほめられたものではないですが、誰がどうしたを覚えて、言いつけるのは実はあれほど苦労してもできなかったレポーティング
ある児童デイさんでもいっちゃんはレポーティングは(一生)出来ないと思われていたようです。

された、した・・・は随分カードでも頑張ったけど、できなかった。
つみきの会のカード、葛西の絵カードなども・・・。
画像


喧嘩行動のレポーティングや食い物の要求…成長であることは認めるのですが、それ以外が、そのうち進むと信じたいな。

そして一見問題行動と思える成長?を見逃さず教えてくださった先生方、本当に有難うございます
受け取ったいっちゃんのフェスタ衣装はこういう感じ。
画像


いっちゃん、帰ったら自分の椅子にコイツ(ジバニャン)、どう言うかな?
ちょっといたずらで意地悪な母である。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「いいつけ」することは成長の証し 常陸の国から療育日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる